メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

七五三の衣装

祝 七五三
七五三の衣装

clothes-03.jpg

七五三のお祝いの衣装は着物で、と考える方は多いと思います。年齢別の着物は下記の通りです。
参考にしてください。
3歳の男の子
羽二重(はぶたえ)の熨斗目(のしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)に、兵児(へこ)帯、袖無し羽織を着用します。
兵児帯とは裏布のない1枚の布状の帯のことです。
草履は、鼻緒のついた平底のものを選びましょう。
3歳の女の子
晴れ着に被布(ひふ)を羽織の代わりに着用します。
被布とは、女性の和装用コートです。
袖なしにして、女の子のお祝い着に用いられています。
草履は甲掘(こっぽり)などを履きます。

5歳の男の子
羽二重の熨斗目模様の着物と、羽織、仙台平(男子の袴地の総称)の袴を着用します。
剣や扇子も身に付けると、ぐっと男の子らしくなります。

7歳の女の子
着物は肩上げ、おはしょり、腰上げをした本格的な衣装となります。
帯は袋帯や中幅帯を用います。

小さい子どもは慣れない服装でぐずって泣き出す場合もあります。
草履も脱げてしまう場合もあるので、子どもが動きやすいよう、そしてころんで怪我をしないよう、気をつけましょう。
草履や足袋は、前もって履き慣らしておきましょう。
また、着物を前もって見せておき、七五三のお祝いを楽しみに待つのも良いでしょう。

七五三の衣装は、レンタルを利用する家庭や、洋服でお祝いする家庭も増えています。
洋服の場合、男の子ならスーツ、女の子ならワンピースなど、小学校の入学式にも着用できるものを選ぶと良いでしょう。
両親の服装は、父親はスーツが一般的です。
母親は和装の場合、留袖か訪問着が正装、洋服の場合はワンピースやスーツが一般的です。





七五三とお宮参り
 ┃
 ┣ 七五三とは
 ┣ 衣装
 ┣ 千歳飴
 ┣ 11月15日である由来
 ┣ お祝いとお返し
 ┣ 神社へのお参り
 ┣ 着物レンタル
 ┣ 写真撮影
 ┣ 東京ディズニーリゾートで祝う
 ┣ お宮参りの祝い着の仕立て直し
 ┣ お参りの作法
 ┣ 地方独自の七五三の祝い方
 ┣ 子どもに関する行事
 ┣ 着物の紋
 ┣ 子ども用の着物の裁ち方
 ┣ 男の子の着物の織り方と模様
 ┣ 着物の紋入れの種類
 ┣ 十三参り
 ┣ 友禅染
 ┣ 着物の刺繍の種類
 ┣ 少子化の七五三への影響
 ┣ こども写真館・デジタルフォトフレーム
 ┣ 母親の着物
 ┣ 着物の模様付けによる格
 ┣ 帯の種類
 ┣ 着物を着る順序
 ┣ かんざしの種類
 ┣ 和装小物
 ┗ 教会やお寺での七五三




posted by 情報ボックス 記録の細道 at 22:23 | Comment(0) | プレゼント・ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。