メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

FX取引「アメリカドル」

世界経済の中心アメリカドルと、わが国日本の円。
この組み合わせが、日本国内におけるFXの中心である事は、疑う余地はありません。
FX用語として、このアメリカドル円というものは問題なく成立します。
というのも、非常に良く使われる言葉だからです。
FXで扱われる事が多い以上、それはFX用語と言えます。
アメリカドル円、あるいは米ドル円というのは、立派なFX用語です。
eyes0857.jpg
そんなアメリカドル円に、2008年は非常に大きな動きがあった事は、たとえFXを良く知らないという方でも、大体想像が付くのではないでしょうか。
そうです。
あのリーマンショックです。
アメリカで2番目の規模を誇っていた証券会社のリーマン・ブラザーズが経営破たんしたことで、アメリカの経済は混乱に陥りました。
その痕跡は、アメリカドル円の推移に如実に出ています。

アメリカドル円は、2007年から2008年3月まで、ずっと右肩下がりでした。
アメリカの経済が不調である事は度々ニュースで取り上げられており、次期大統領候補同士の決戦も、その話題をメインにして取り上げていたように思えます。
アメリカの経済の回復は、世界全体が注目している事項でした。

そんな中、アメリカドル円は4月以降、上昇トレンドに移行します。
下げ止まったという表現が妥当でしょう。
また、平成のオイルショックともいうべき状況も、アメリカドルを買う動きを活発化させた要因かもしれません。

しかし、9月。
リーマンショックにより、一時110円まで上がったアメリカドルは、一時期90円を割り込もうかというところまで下落します。
それほどまでにリーマンショックは大きな影響を与えたということです。
2008年末現在、ずっと90円台で推移していますが、これが再び上昇するのにはもう少し時間がかかるかもしれません。
ただ、オバマ氏が大統領となった事で、それに対しての期待感がもしかしたら上昇を呼び込むかもしれませんね。







FX取引「FXを始める前に専門用語を覚えよう」
 │
 ├ リーマンショック
 ├ アメリカドル
 ├ ニュージーランドドル
 ├ オーストラリアドル
 ├ アナリスト
 ├ 売りから入る
 ├ クロス取引
 ├ 機会損失
 ├ 先物取引
 ├ 塩漬け
 ├ 空売り
 ├ 資金ショート
 ├ ロスカット
 ├ スプレッド
 ├ 2WAYプライス
 ├ スワップ
 ├ 通貨ペア
 ├ リスクヘッジ
 ├ 利食い
 ├ IFD注文
 ├ OCO注文
 ├ IFO注文
 ├ シグナル
 ├ 気配値
 ├ レバレッジ
 ├ 含み益、含み損
 ├ 移動平均線
 ├ 逆張り
 ├ トレンド
 └ 戻り、押し目


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 20:35 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。