メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

糖尿病「糖尿病の種類」

発酵熟成させて 野菜が元気


糖尿病治療ガイド〈2008‐2009〉

糖尿病治療ガイド〈2008‐2009〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文光堂
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本




「糖尿病」には、いくつかのタイプがあります。

原因による分類
「1型糖尿病」「2型糖尿病」「遺伝子異常」「続発性糖尿病」「妊娠糖尿病」などです。
「1型糖尿病」は、すい臓のインスリンを作る細胞(β細胞)が壊れて、インスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。
子どもの頃に発症することが多く、かつては「小児糖尿病」とか、「インスリン依存型糖尿病」と呼ばれていました。
「2型糖尿病」は、食事・運動などの生活習慣から発症する場合が多く、わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプです。
「インスリンの出る量が少なくなって起こるもの」と、「インスリンの働きが悪くなり、肝臓や筋肉などの細胞がブドウ糖をうまく吸収できなくなって起こるもの」があります。
「遺伝子異常」は、「糖尿病の遺伝子だけを優性遺伝するもの」が6種類、「ミトコンドリア遺伝子異常」「インスリン受容体異常症」などがあります。
「続発性糖尿病」とは、感染症・免疫の異常・肝臓やすい臓の病気など、他の病気が原因となって引き起こされるものや、薬そのものが原因となるものがあります。
「妊娠糖尿病」は、妊娠中に増加するホルモンの作用により、血糖値が異常になる症状をいいます。
一般的には、出産後に改善しますが、改善しない場合は胎児への影響があるため、注意が必要です。

程度による分類
「生存のためにインスリン治療が必要」…インスリンが絶対的に不足し、体外から補給が欠かせない状態。1型糖尿病のほとんどがこれに該当。
「高血糖改善のためにインスリン治療が必要」…インスリン治療が必須ではないが、血糖コントロールのために必要な状態。
「インスリン治療は不要」…食事療法・運動療法・投薬による治療で血糖コントロールが可能な状態。2型糖尿病の多くがこれに該当。


糖尿病【生活習慣と血糖値】
 │
 ├ 糖尿病とは?
 ├ 種類
 ├ 現状
 ├ 大合併症
 ├ チェック
 ├ 検査
 ├ 高血糖と診断されたら
 ├ 予防(肥満)
     ├ 予防(ダイエット)
 ├ 治療法_食事療法
     ├ 治療法_食事療法(外食)
 ├ 治療法_運動療法1
     ├ 治療法_運動療法2
 ├ 治療法_薬物療法(インスリン療法)
     ├ 治療法_薬物療法(経口剤)
     ├ 治療_血糖自己測定
     ├ 治療_低血糖
     ├ 治療_神経障害
     ├ 治療_網膜症
     ├ 治療_糖尿病性腎症
     ├ 治療_高血圧・動脈硬化
     ├ 治療_通風
     ├ 治療_脳梗塞・心筋梗塞
     ├ 治療_感染症
     ├ 治療_骨・歯について
     ├ 治療_シックデイ・ルール
     ├ 治療_高齢者
     ├ 治療_妊娠・出産
     ├ 治療_ストレス
     └ 治療_健康維持
発酵熟成させて 野菜が元気
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 13:19 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。