メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

がん治療






人間の細胞は、通常、生体の制御のもと必要な増殖調節を受け、体の各部分でそれぞれの働きを持って活動しています。
細胞には寿命があり、寿命を終えた細胞は新しい細胞と入れ替わります。
しかし、その細胞が外的や内的な原因で、制御ができなくなり無秩序に異常増殖していくのが腫瘍細胞です。
この腫瘍細胞には良性のものと悪性のものがあります。
良性腫瘍は増殖がおだやかで、臓器や生命に大きな影響を及ぼしません。
悪性腫瘍が「がん」であり、周囲の組織に侵入したり(浸潤)や血管やリンパ管を通り転移する性質があります。
この悪性腫瘍が増殖と転移を繰り返します。
そして、正常な細胞の栄養分を奪い(悪液質)、体に変調をきたします。
がんは、転移した先で臓器を破壊し、臓器が生命維持に必要な機能を果たせなくなるなど、出血するなどによって、臓器や生命に大きな影響を与えるのです。
がんは、筋肉・骨・神経など非上皮性細胞から発生する「肉腫」、皮膚・粘膜などの上皮性組織から発生する「がん腫」に分けられます。


がん治療【最新のがん治療と医療費・保険】
 │
 ├ 「がん」とは何か
 ├ がん治療薬【サリドマイド】
 ├ 乳がんと自己検診
 ├ 乳がん健診
 ├ 乳がん治療
 ├ 大腸がん治療
 ├ 胃がん治療
 ├ 最新がん治療【遺伝子治療】
 ├ 最新がん治療【分子標的治療・新生血管抑制治療】
 ├ 3大がん治療法
 ├ 肝臓がんと肝炎ウイルス
 ├ 肝臓移植
 ├ 肝臓がん治療
 ├ 肺がん
 ├ 悪性胸膜中皮腫とアスベスト
 ├ 山田邦子さんの乳がん治療
 ├ ホルモン療法
 ├ 健康食品の危険性
 ├ 抗がん剤
 ├ 子宮体がん・子宮頸がん
 ├ がんの温熱療法
 ├ 秋田県 玉川温泉【奇跡の湯】
 ├ 医療費【高額療養費】
 ├ 医療費【身体障害者手帳】
 ├ 障害年金
 ├ がん患者【給付・減免制度】
 ├ がん保険・がん特約
 ├ 特定疾病保障保険
 ├ がん対策基本法
 ├ がん治療 免疫細胞治療の最新書籍
 └ がんの検査法




posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:40 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。