メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。

例えば日経225との連動を目指すファンドでは、日経225に採用されている銘柄を原則として同じ株数ずつ組み入れます。
ただし、指数そのものと違い、インデックスファンドでは株式の売買手数料などのコストがかかります。
また、解約などに備えて現金的な運用や、資金の流出入に伴う調整も必要です。
そのため指数の動きと完全に連動するとは限りません。
特に東証株価指数は東証1部上場の全銘柄を対象にしているので、対象銘柄は約1700にもなります。
これらの銘柄を全部ファンドに組み込むとコストは膨大になります。
このため取り扱っている各社では、より少ない銘柄で東証株価指数にファンドの値動きが連動するようシステムを開発しています。
できるだけ効率的・低コストの運用を行って指数との乖離幅を少なくし、東証株価指数に可能な限り連動することを目指しています。

運用はあくまでも自動的、機械的に行われます。
従って株式相場などが上昇すればインデックスファンドも値上がりし、相場が下落すれば値下がりします。
運用成績は相場の成り行き次第となっています。

申し込み単位は1万口以上1万口単位、あるいは1万円以上1円単位が主流で、買い付け時の手数料は基準化価額の2%程度、
分配金は配当等収益を中心として毎年1回支払われます。





インデックスファンド
 │
 ├ 日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)
 ├ 社会的責任投資信託(SRIファンド)
 ├ ETF(株価指数連動型上場投資信託)
 ├ 東証(東京証券取引所)のETF
 ├ インデックスファンドのメリット
 ├ インデックスファンドの選ぶ際の注意点
 ├ TOPIXニューインデックス・東証規模別株価指数
 ├ TOPIX Core 30(トピックスコア30)
 ├ 東証業種別株価指数、TOPIX-17シリーズ
 ├ ブル・ベアファンド
 ├ 東京証券取引所の市場別の指数
 ├ 中国の指数
 ├ 日本経済新聞
 ├ 野村證券のインデックス
 ├ NOMURA日本株地域別インデックス
 ├ 世界の指数 その1
     └ 世界の指数 その2
 ├ 投資信託の用語(1)
     ├ 投資信託の用語(2) 
     └ 投資信託の用語(3)
 ├ DCファンド
 ├ 投資者保護の仕組み
 ├ 公社債投資信託と株式投資信託
 ├ ポートフォリオ
 ├ 金融商品のリスク
 ├ セレクトファンド
 ├ エマージング(新興国)
 ├ スタンダード&プアーズの指数
 └ 商品先物連動型ファンド



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 15:23 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引「アメリカドル」

世界経済の中心アメリカドルと、わが国日本の円。
この組み合わせが、日本国内におけるFXの中心である事は、疑う余地はありません。
FX用語として、このアメリカドル円というものは問題なく成立します。
というのも、非常に良く使われる言葉だからです。
FXで扱われる事が多い以上、それはFX用語と言えます。
アメリカドル円、あるいは米ドル円というのは、立派なFX用語です。
eyes0857.jpg
そんなアメリカドル円に、2008年は非常に大きな動きがあった事は、たとえFXを良く知らないという方でも、大体想像が付くのではないでしょうか。
そうです。
あのリーマンショックです。
アメリカで2番目の規模を誇っていた証券会社のリーマン・ブラザーズが経営破たんしたことで、アメリカの経済は混乱に陥りました。
その痕跡は、アメリカドル円の推移に如実に出ています。

アメリカドル円は、2007年から2008年3月まで、ずっと右肩下がりでした。
アメリカの経済が不調である事は度々ニュースで取り上げられており、次期大統領候補同士の決戦も、その話題をメインにして取り上げていたように思えます。
アメリカの経済の回復は、世界全体が注目している事項でした。

そんな中、アメリカドル円は4月以降、上昇トレンドに移行します。
下げ止まったという表現が妥当でしょう。
また、平成のオイルショックともいうべき状況も、アメリカドルを買う動きを活発化させた要因かもしれません。

しかし、9月。
リーマンショックにより、一時110円まで上がったアメリカドルは、一時期90円を割り込もうかというところまで下落します。
それほどまでにリーマンショックは大きな影響を与えたということです。
2008年末現在、ずっと90円台で推移していますが、これが再び上昇するのにはもう少し時間がかかるかもしれません。
ただ、オバマ氏が大統領となった事で、それに対しての期待感がもしかしたら上昇を呼び込むかもしれませんね。







FX取引「FXを始める前に専門用語を覚えよう」
 │
 ├ リーマンショック
 ├ アメリカドル
 ├ ニュージーランドドル
 ├ オーストラリアドル
 ├ アナリスト
 ├ 売りから入る
 ├ クロス取引
 ├ 機会損失
 ├ 先物取引
 ├ 塩漬け
 ├ 空売り
 ├ 資金ショート
 ├ ロスカット
 ├ スプレッド
 ├ 2WAYプライス
 ├ スワップ
 ├ 通貨ペア
 ├ リスクヘッジ
 ├ 利食い
 ├ IFD注文
 ├ OCO注文
 ├ IFO注文
 ├ シグナル
 ├ 気配値
 ├ レバレッジ
 ├ 含み益、含み損
 ├ 移動平均線
 ├ 逆張り
 ├ トレンド
 └ 戻り、押し目


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 20:35 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資の株とはなにか





SBI証券口座を作るならネクシィーズトレードで

はじめての方も大歓迎。充実サポートで安心投資生活。


momobgyoko.JPG

株式投資の株とはなにか

2009年、株式投資は反撃の年を迎えますが、相変わらず株価は低迷を続けています。世界的な株安の震源地、アメリカの株安は止まりませんが・・・。

さて、その前に株というものについておさらいしておきましょう。株についてしっかり理解していないと、なかなか反撃もままなりません。
株式投資の初心者の方は、できるだけ多くの知識を蓄え、判断材料を増やしておく事が必要です。
リーマン・ショックは、初心者だろうが上級者だろうがお構いなしに飲み込んでいく津波のような出来事でした。
しかし、こういう現象は本当に稀で、基本的には知識を持っている人は回避できる波ばかりです。
必ず、初心者であっても回避できます。まず、株というものについてしっかり認識しておきましょう。
株とは、簡単に言えば、会社の信用です。企業というものは、その企業を持続させる為に非常に多くのお金を必要とします。
しかし、そのお金を調達できるかどうかというと、自力では難しいというところが多いでしょう。その為、融資をしてもらう必要があります。
その融資の一環としてあるのが、株という制度なのです。
株というのは、会社が「自分のところは将来必ず大きくなるから、そのための資金を貸してくれ」という形で投資家に自分の会社の信用を買ってもらいます。
投資家は、「いずれ会社が大きくなったら、利益の分上乗せして貸してくれ」という形で株を買います。
そして、実際に会社が大きくなれば、その見返りに利益が得られます。非常にシンプルに株を説明すると、こういうシステムになっています。
実際には、会社が大きくなるまで待たなくても、利益は得られます。株には、ある意味その会社の人気投票的な意味合いもあって、人気が上がると株価も上がり、株価が上がると株主は利益を得られます。
その人気投票は常に行われている状態なので、どのタイミングでも利益は出ますし、同様に損をする事もあるのです。


SBI証券を開設するならネクシィーズ・トレードで!



株式投資≫続きはこちら
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 07:51 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット証券

ネット証券とは、インターネット上で取引のできる証券会社のことを言います。
少し前までは野村證券、日興證券(現、日興コーディアル証券)※三井住友グループが買収合意、大和證券といった証券会社に自分で足を運ぶというものが主流でしたが、今では多くの人がネット証券を利用しています。
ネット証券ではお店に足を運ぶ必要もないため、簡単に投資を始めることができます。
個人の投資家の多くはネット証券を利用しているのです。
インターネットの普及が進むにつれてネット証券も注目を浴び、誰でも手軽に株の取引を楽しむことができるようになっています。
手間を省くこともでき、ネット証券は証券会社に比べて手数料も安いという点が特徴です。
ネット上で個人情報を送れば、自宅に書類が送られてくるので申し込みもとても簡単にできます。


ネット証券【自分の時間に証券取引】
ネット証券とは
  ┣ ひまわり証券
  ┣ 松井証券
  ┣ SBI証券
  ┣ 楽天証券
  ┣ バンダレイ証券
  ┣ クリック証券
  ┗ マネックス証券
ネット証券のメリット
デメリット(1)
デメリット(2)
携帯サイトを利用
人気商品
夜間取引
税金
株主優待
FX取引 ⇒ 関連リンク【 FX取引 】
ミニ株
中国株
ネットバンク口座
自動売買
IPO株
投資信託 ⇒ 関連リンク【投資信託】
日経225 ⇒ 関連リンク【日経225オプション】
デイトレード ⇒ 関連リンク【オンライントレード】
貸株サービス
グリーン市場
信用取引

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 07:39 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経225オプション取引とは?

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
オプション取引口座の選び方



3512367.jpg
日経225 日経225オプション日経225オプション取引とは?
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ







posted by 情報ボックス 記録の細道 at 22:21 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先物取引

伝える楽しむ得をする 情報ボックス FX取引
先物取引
http://net-syouken.seesaa.net/article/114734042.html
FXには、先物取引というFX用語があります。
このFX用語は、FX用語に限らず株などの取引でも使われている用語なので、割と知っている方も多いかもしれません。
ただ、言葉として知っている事はあっても、実際にこの取引を行った事のある人となると、結構少なかったりもします。
先物取引とは、通常の取引とは違って、現在の取引ではなく将来的な売買について約束をするという取引です。
通常の取引は、その場で価格と数量を決め、その注文と適合した売り注文がある場合に成立、という形になります。
ですが先物取引の場合、まず先に価格、数量などを決め、それをいつ売買するか決定し、約束をします。
そしてその日が来た時点で売買を行う、というものです。
この先物取引の特徴は、現時点での売買価格で将来購入ができるという点です。
例えば、アメリカドル円の取引で、現時点では1ドル=90円という場合、1000ドル出して9万円購入するとします。
そして、これを1週間後の決済日に売買を行うよう先物取引で注文したとしましょう。
そこで注文が成立したら、一方は1週間後に1000ドルで9万円を購入し、もう一方は9万円を1000ドルで売却する事になります。
ここで、もし価格に変動がなければ、先物取引の意味はありませんが、為替市場は常に動いています。
1週間後、為替レートは1ドル=95円になっていたとしましょう。
こうなると、1000ドルで9万円を購入した人は、現在ならば1000ドルで9万5千円が購入できるので、5千円損した事になります。
一方の売却側は、9万円で1000ドルを手に入れたわけですが、現時点のレートだと本来なら9万円で手に入れられるのは947ドルです。
53ドルほど得をした事になります。

これが、先物取引の特徴です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 06:18 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライントレードとは

伝える 楽しむ 得をする オンライントレード
オンライントレードとは
http://net-syouken.seesaa.net/article/114268706.html
ノートパソコン.jpg

オンライントレードとはインターネットを利用してできる証券取引を指します。
別名でネットトレードともいいます。
店舗で証券取引するのとは違い、インターネットで24時間いつでも証券取引ができるのが特徴です。
オンライントレードは夜間でも取引ができます。
今ではオンライントレードを楽しんでいる人は400万人以上と言われています。
店舗で取引するよりも手数料が安いという魅力もあり、オンライントレードがとても人気を集めています。
既存の証券会社以外にも、新規設立や海外企業からの参入など、競争が激しく、たくさんの証券会社が存在します。
各社様々なサービスを提供することで他社と差別化をはかっています。
また手数料の引き下げ競争も激化しており、初心者でも手軽に証券取引を楽しむことができるものがオンライントレードです。
インターネットでできるため、個人投資家が利用している場合が多いのも特徴の一つです。
個人投資家の約70%がオンライントレードを利用しているのです。
自宅にいてもいつでも証券取引が可能で、仕事が終わった後や家事の合間に楽しむことができます。
最近ではインターネットだけではなく携帯でもオンライントレードが可能になっています。
いつでもどこでも証券取引ができるのです。
オンライントレードは株や経済ニュースといった情報が充実しているのも魅力です。
新聞などに比べると株に影響しそうな新しい情報をすぐに手に入れることができるのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産購入にかかる諸費用

span style="color:#FF0000;">伝える 楽しむ 得をする 不動産投資
不動産購入にかかる諸費用

町並み.jpg

不動産投資にあたって不動産を購入する場合、不動産の購入に必要な費用は現物以外にも諸費用が必要となります。
新築の場合、取得価格の5〜7%中古物件の場合は7〜12%程度必要です。
不動産購入の際には、この諸費用も含めて総費用を考えなければなりません。

仲介手数料
不動産を購入時、不動産業者などに仲介を依頼する場合に必要となる費用です。

印紙税
売買契約書、請負契約書、金銭消費貸借契約書などに印紙を貼ることで納付される税金。

保証料
住宅ローンを組む際に連帯保証人となる保証会社に支払う料金のこと。
フラット35など保証料の必要のないローンもあります。

保険料
ローンの支払中に病気や事故によって死亡、もしくは重度障害になりローンが支払えない状態になった時に備えて入る団体信用保険の料金は、通常ローン金利に組み込まれています。

登録免許税
不動産取得後、法務局で登記申請時に必要な税金です。

司法書士報酬
不動産登記などを司法書士に委託した時の報酬も必要となります。

不動産所得税
不動産取得時に一度だけ課せられる税金。
相続によって不動産を取得する場合には必要ありません。

固定資産税
毎年1月1日現在不動産を保有している者に課せられる税金。

都市計画税
毎年1月1日現在、市街化区域に土地や家屋を保有している者に課せられる市町村税

また、売買契約を締結時には手付金が、取得費用の10〜20%必要となるので、その費用の準備も必要です。
不動産投資の前には、このような費用が必要であることを頭にしっかりと入れておかなければなりません。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 20:13 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金の管理 投資信託のリターンリスク

投資信託のリターン・リスク




投資信託には様々なファンドが存在していますので、当然ファンドによってリスクは度合いが異なります。

リスクが比較的少ないMMFや公社債投信など株式を中心としないものはリスクが少ない分リターンもあまり高くはないと言ったような感じです

逆に株式を中心としている国内株式型投信や海外株式型投信などはリターンの高さが期待できる商品ですが、やはりその分リスクも大きいと言えます。
投資信託090104jpg
以上のように投資信託におけるリターンとリスクの関係は密接なもので、リターンが大きいとリスクも大きく、リターンが小さいとリスクも小さいのです。

ですから購入する際にはリターンばかりではなくリスクの面においてもきちんと了承した上で購入する必要があります。

ちょっとここでは投資信託におけるリスクとリターンについての説明をしてみたいと思います。

投資信託におけるリターンについてですが、
「インカムゲイン」
「キャピタルゲイン」

という二つがあり前者は分配金という形で、ある一定期間毎に配当され、後者は購入価格を売却価格、または償還価格から引いた金額を配当金として還元されるといったリターンになります。

次に投資信託におけるリスクについてですが、価格が上下に異動することにより変動してしまうために起こりうるリスクがあります。

その変動が上に行けばリターンが増えるのでリスクは小さくなりますが、変動が下にいけばいくほどリスクが大きくなっていってしまいます。

以上のような事が投資信託における基本的な、リターンとリスクではないかと思います。


1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 19:26 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライムローンの不良債権問題

最近何かと耳にするようになったサブプライムローン。

問題となっていることの1つに、ローンの返済が不可能になってしまった人が増え、ローンの「不良債権化」が多くなったことがありますが、不良債権とは、具体的にはどのような状態のことをいうのでしょう。

「債権」とは、貸したお金を返済してもらう権利のことです。不良債権とは、この権利がなくなってしまった状態のことを意味していて、貸したお金が返済されずに、この場合は土地や建物を売っても回収することができなくなってしまったことをいいます。

経済的に余裕のない人々でも利用することができるサブプライムローンは、もともとローンの不良債権化がおきやすいローンであるといえます。
このローンが広められた頃は、不動産の価格が上昇していて、経済的な理由で返済することができなくなった場合でも、不動産を売却することで不良債権化は十分に免れていました。

不動産の価格が低下し、金利も低くなったことで、一気に不良債権化が進んでしまったのです。

不良債権が多くなると、どのような影響が出るのでしょう。

住宅ローンであるサブプライムローンによる不良債権は、直接住宅業界の不振にもつながりました。

また、不良債権がどんどん増えていくと、金融機関は、企業への貸付までも躊躇することになります。

「貸し渋り」とよばれる状態ですね。
貸し渋りが増えることで、お金の流れが止まり、結果、景気が低迷することとなっていったのです。



参考記事リンク⇒サププライムローンって何?






続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今注目する。ネット証券

ネット証券とは、インターネット上で取引のできる証券会社のことを言います。
少し前までは野村證券といった証券会社に自分で足を運ぶというものが主流でしたが、今では多くの人がネット証券を利用しています。
ネット証券ではお店に足を運ぶ必要もないため、簡単に投資を始めることができます。
個人の投資家の多くはネット証券を利用しているのです。

ノートパソコン.jpg

インターネットの普及が進むにつれてネット証券も注目を浴び、誰でも手軽に株の取引を楽しむことができるようになっています。
手間を省くこともでき、ネット証券は証券会社に比べて手数料も安いという点が特徴です。
ネット上で個人情報を送れば、自宅に書類が送られてくるので申し込みもとても簡単にできます。

インターネットによる株取引は24時間利用できるので、仕事が終わった後や休日など証券会社が開いていない時間帯に利用することができるのです。
今まで株ができなかった人がいつでもできるようになったというのが、利用者の増加につながっています。
様々なサービスや株の情報などいつでも見ることができるのがネット証券の人気の秘密です。

ネット証券はインターネットさえあれば誰でもボタン一つで株の取引ができます。
そのためデイトレードという投資方法も誕生したのです。
これは短期間で、株を売り買いして設けるというもので、インターネットだからこそできる取引方法です。
この方法で儲けたいという人は極力ネット回線の早いものにした方がいいでしょう。

関連リンク⇒ネット証券講座


No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 10:48 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託とは

投資信託とは
----------------------------------------------------------------------------------

今や低金利時代とか言われていて人々の資産運用への関心は高まってきていると思います。
そのためか投資信託に興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

投資信託と言葉だけは知っていても実際にどういうものかご存知ないという方のために、投資信託というのは、投資家が投資したお金をひとつにまとめてそのお金を運用のプロの人が債券や株式で運用をしています。その結果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品になります。

収益の増減は運用次第と言うことになりますが、うまくいけばそれなりに配当は高く戻ってきますし、うまくいかなければ元本割れを起こす場合もあります。

元本割れを起こしたからと言って運用した人を攻めるのはダメで、あくまでも自己責任において投資をしなければなりません。

投資信託を預貯金と同じように考えている方もいるかと思いますが、違いますのでここで投資信託と預貯金の違いについて説明してみたいと思います。
投資信託は預貯金のように元本が保証されていないために運用次第では元本割れを起こす可能性があります。

預貯金は利息によってある一定の金額が増えるだけですが、投資信託は運用次第でかなりの収益に増える可能性があります。

運用で得られた収益は均等に投資家に分配されます。

投資信託を購入・売却する際には一定の手数料がかかります。

簡単に説明してみると上記のようなことです。資産運用への関心が高まっているなかぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。


投資信託口座開設窓口⇒投資信託



関連リンク⇒投資信託と預貯金とどう違うのか?
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:34 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インデックスファンドとは

銀行インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。

例えば日経225との連動を目指すファンドでは、日経225に採用されている銘柄を原則として同じ株数ずつ組み入れます。
ただし、指数そのものと違い、インデックスファンドでは株式の売買手数料などのコストがかかります。
また、解約などに備えて現金的な運用や、資金の流出入に伴う調整も必要です。
そのため指数の動きと完全に連動するとは限りません。
特に東証株価指数は東証1部上場の全銘柄を対象にしているので、対象銘柄は約1700にもなります。
これらの銘柄を全部ファンドに組み込むとコストは膨大になります。
このため取り扱っている各社では、より少ない銘柄で東証株価指数にファンドの値動きが連動するようシステムを開発しています。
できるだけ効率的・低コストの運用を行って指数との乖離幅を少なくし、東証株価指数に可能な限り連動することを目指しています。

運用はあくまでも自動的、機械的に行われます。
従って株式相場などが上昇すればインデックスファンドも値上がりし、相場が下落すれば値下がりします。
運用成績は相場の成り行き次第となっています。

申し込み単位は1万口以上1万口単位、あるいは1万円以上1円単位が主流で、買い付け時の手数料は基準化価額の2%程度、分配金は配当等収益を中心として毎年1回支払われます。

関連リンク⇒インデックスファンド

≪お申込はこちら≫
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 17:21 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット証券とは

ネット証券とは、インターネット上で取引のできる証券会社のことを言います。
少し前までは野村證券といった証券会社に自分で足を運ぶというものが主流でしたが、今では多くの人がネット証券を利用しています。
ネット証券ではお店に足を運ぶ必要もないため、簡単に投資を始めることができます。
個人の投資家の多くはネット証券を利用しているのです。
インターネットの普及が進むにつれてネット証券も注目を浴び、誰でも手軽に株の取引を楽しむことができるようになっています。
手間を省くこともでき、ネット証券は証券会社に比べて手数料も安いという点が特徴です。
ネット上で個人情報を送れば、自宅に書類が送られてくるので申し込みもとても簡単にできます。

インターネットによる株取引は24時間利用できるので、仕事が終わった後や休日など証券会社が開いていない時間帯に利用することができるのです。
今まで株ができなかった人がいつでもできるようになったというのが、利用者の増加につながっています。
様々なサービスや株の情報などいつでも見ることができるのがネット証券の人気の秘密です。

ネット証券はインターネットさえあれば誰でもボタン一つで株の取引ができます。
そのためデイトレードという投資方法も誕生したのです。
これは短期間で、株を売り買いして設けるというもので、インターネットだからこそできる取引方法です。
この方法で儲けたいという人は極力ネット回線の早いものにした方がいいでしょう。

関連リンク⇒ネット証券講座
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 23:15 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重債務解決方法

消費者金融を利用している人は、全国で1,400万人いるそうです。
また、何ヶ所もの消費者ローンなどから借金をして、返済することが難しくなってしまっている「多重債務者」と呼ばれる人たちが、200万人以上いるそうです。
多重債務者の中には、厳しい取り立てなどによって、自殺にまで追い込まれてしまうケースも少なくなく、深刻な社会問題として注目されています。

多重債務を解決する方法は、「債務整理」といいます。
債務整理には、「任意整理」、「特定調停」、「民事再生」、そして最終手段として「自己破産」という4つの方法があります。
どの方法を選ぶかについては、借り入れの状況などによって事情が異なってきます。

「グレーゾーン」金利は、支払う義務はないので注意しましょう。
「利息制限法」では、利息の上限が決められており、元本100万円以上の場合は年15%で、10万円以上100万円未満は18%、10万円未満は20%までとなっています。
これを超えるような利息は無効となるので、支払う義務はないのです。
ただ、貸した側の請求や受取りに対しての罰則はありません。
一方で、「出資法」は、利息上限が29.2%と定められており、それ以上の融資には刑事罰があります。

この利息制限法と出資法との間の利息は、「グレーゾーン」と呼ばれています。
多くの消費者金融は、このグレーゾーン金利にあたる範囲で貸付をしています。
任意整理や特定調停などについては、利息制限法の上限金利に、金利を引き直して再計算することによって、債務の額を減らすことを図ります。

紹介サイト⇒絶対解決!多重債務(苦)者救済法
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 17:13 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新着サイト 投資信託と預金はどうちがうのか?

NEWサイト名:投資信託と預金はどう違うのか?

投資信託とは?
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 19:03 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新着サイト【保険・金融】日経225

サイト名:日経225→http://nikkei225torihiki.meblog.biz/

-----------------------------
「日経225オプション取引」とは?
-----------------------------

「日経225オプション取引」とは、日経平均株価を対象としている、株価指数オプション取引のことです。
将来の特定日(SQ日)に、日経平均株価を「権利行使価格」という特定の価格で買ったり、売ったりする権利を取引します。

タグ:日経225
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 14:19 | Comment(0) | 保険・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。