メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

歌手のHITOMiさんがヌード写真集発売

歌手のhitomiが、妊娠中に撮影したフルヌード写真集LOVE LIFE 2を発売。
hitomi.jpg

LOVE LIFE 2


妊娠中の彼女が手で胸と下腹部を押さえただけという大胆な表紙写真は、同日に発売されたニューアルバムのジャケットにも使用されている。
6月24日の読売新聞朝刊には、妊娠7か月のフルヌードでソファにもたれかかった写真が全面広告として掲載された。
本のタイトル文字で巧みにバストトップを隠すなど、「新聞の掲載基準に従って、隠すところをどう隠すか」に苦労したとか。
hotimi2写真集.jpg
「女性の一番美しいとされる妊婦姿を残したい」と、昨年の9月と臨月の12月に撮影を行った。
自身のブログでは、「妊娠・出産を通して“繋がり”や“関わり”を改めて感じた」と思いを綴り、“hitomiならではの素晴らしい作品”ができたと語っている。
今年3月、出産後初めて公の場に登場し、ばっさり短く切った髪にミニスカート姿で幸せいっぱいの表情を見せた。

LOVE LIFE―hitomi写真集

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 17:14 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆と豆乳ダイエット2

大豆は、健康食品の代表として認知されてきています。
また、その効果は、ダイエットにおいても絶大です。

大豆の植物性タンパク質には、「ペプチド」が含まれています。
その「ペプチド」には、脂肪を燃焼しやすくさせたり、血清コレステロールを低下させたりする働きがあります。
また、大豆の脂質に含まれている「レシチン」には、善玉コレステロールを増やす働きがあります。
そして、「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンのエストロゲンの構造と似ており、体内で同じような作用をします。
大豆と豆乳ダイエット≫続きはこちら


豆乳ダイエット2≫続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 12:47 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸の健康食品の安全性

ヒアルロン酸は、脊椎動物の全てに存在していて、皮や結合組織にも広い範囲で存在しています。
昔から、私たち人間が食べてきた食物には、多くのヒアルロン酸が含まれています。
たとえば、鶏肉は皮の部分も一緒に食べることが多いと思います。
また、中国やフランスでは、料理に鶏のトサカを食材として使用してきたとこもあります。
ヒアルロン酸≫続きはこちら




すぅ〜としみこむキレイのもと「ハリ・つやコラーゲン」


ヒアルロン酸(ヒアルロン酸で素肌美人)
 ┃
 ┣ ヒアルロン酸とは
 ┣ ヒアルロン酸の健康食品は安全?
    ┗ 「食べるヒアルロンさん綺麗」で美しい肌を
 ┣ ヒアルロン酸の働き
 ┣ ヒアルロン酸効果
 ┣ ヒアルロン酸と加齢
 ┣ ヒアルロン酸化粧品の真実
 ┣ ヒアルロン酸とコラーゲン
 ┣ ヒアルロン酸とコラーゲンの違い
   ┗ 「ヒアルロン酸コラーゲン」人気の秘密
 ┣ 関節痛にヒアルロン酸
   ┗ 腰痛にはヒアルロン酸と筋トレ
 ┣ ヒアルロン酸と関節
 ┣ ヒアルロン酸の種類
 ┣ ヒアルロン酸注射・注入の流れ
   ┣ ヒアルロン酸注射のメリットとデメリット
   ┣ ヒアルロン酸注射で若返り
   ┣ ヒアルロン酸注射で美容整形
   ┣ ヒアルロン酸注射とサプリメント
   ┣ ヒアルロン酸注射で豊胸
   ┣ ヒアルロン酸注入のリスク
 ┣ 天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸
 ┣ 飲むヒアルロン酸とは?
   ┣ 飲むヒアルロン酸の効果的な摂取方法
   ┣ わかさ生活「ヒアルロン酸」で潤いを
   ┣ エバーライフの「皇潤」
   ┗ スーパーヒアルロン酸配合「極潤シリーズ」
 ┣ 髪の潤いには「ヒアロモイストエッセンス
 ┣ ヒアルロン酸の目薬
   ┗ 「ロート養潤水」で瞳に潤いを
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 11:55 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病「糖尿病の種類」

発酵熟成させて 野菜が元気


糖尿病治療ガイド〈2008‐2009〉

糖尿病治療ガイド〈2008‐2009〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文光堂
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本




「糖尿病」には、いくつかのタイプがあります。

原因による分類
「1型糖尿病」「2型糖尿病」「遺伝子異常」「続発性糖尿病」「妊娠糖尿病」などです。
「1型糖尿病」は、すい臓のインスリンを作る細胞(β細胞)が壊れて、インスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。
子どもの頃に発症することが多く、かつては「小児糖尿病」とか、「インスリン依存型糖尿病」と呼ばれていました。
「2型糖尿病」は、食事・運動などの生活習慣から発症する場合が多く、わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプです。
「インスリンの出る量が少なくなって起こるもの」と、「インスリンの働きが悪くなり、肝臓や筋肉などの細胞がブドウ糖をうまく吸収できなくなって起こるもの」があります。
「遺伝子異常」は、「糖尿病の遺伝子だけを優性遺伝するもの」が6種類、「ミトコンドリア遺伝子異常」「インスリン受容体異常症」などがあります。
「続発性糖尿病」とは、感染症・免疫の異常・肝臓やすい臓の病気など、他の病気が原因となって引き起こされるものや、薬そのものが原因となるものがあります。
「妊娠糖尿病」は、妊娠中に増加するホルモンの作用により、血糖値が異常になる症状をいいます。
一般的には、出産後に改善しますが、改善しない場合は胎児への影響があるため、注意が必要です。

程度による分類
「生存のためにインスリン治療が必要」…インスリンが絶対的に不足し、体外から補給が欠かせない状態。1型糖尿病のほとんどがこれに該当。
「高血糖改善のためにインスリン治療が必要」…インスリン治療が必須ではないが、血糖コントロールのために必要な状態。
「インスリン治療は不要」…食事療法・運動療法・投薬による治療で血糖コントロールが可能な状態。2型糖尿病の多くがこれに該当。


糖尿病【生活習慣と血糖値】
 │
 ├ 糖尿病とは?
 ├ 種類
 ├ 現状
 ├ 大合併症
 ├ チェック
 ├ 検査
 ├ 高血糖と診断されたら
 ├ 予防(肥満)
     ├ 予防(ダイエット)
 ├ 治療法_食事療法
     ├ 治療法_食事療法(外食)
 ├ 治療法_運動療法1
     ├ 治療法_運動療法2
 ├ 治療法_薬物療法(インスリン療法)
     ├ 治療法_薬物療法(経口剤)
     ├ 治療_血糖自己測定
     ├ 治療_低血糖
     ├ 治療_神経障害
     ├ 治療_網膜症
     ├ 治療_糖尿病性腎症
     ├ 治療_高血圧・動脈硬化
     ├ 治療_通風
     ├ 治療_脳梗塞・心筋梗塞
     ├ 治療_感染症
     ├ 治療_骨・歯について
     ├ 治療_シックデイ・ルール
     ├ 治療_高齢者
     ├ 治療_妊娠・出産
     ├ 治療_ストレス
     └ 治療_健康維持
発酵熟成させて 野菜が元気
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 13:19 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧食 【生活習慣病予防の食事療法】





高血圧食 【生活習慣病予防の食事療法】
 ┃
 ┣ 具だくさんのオムレツ
 ┣ 具だくさんのお味噌汁
 ┣ 白身魚のワイン蒸し
 ┣ 鶏肉とピーマンの炒め物
 ┣ 厚揚げのカレーソテー
 ┣ ミネストローネ
 ┣ 豆腐とカニのおろし和え
 ┣ 豆のオムレツ
 ┣ ジャガイモのお手軽グラタン
 ┣ けんちん汁
 ┣ 洋風そぼろ豆腐
 ┣ さっぱり麻婆豆腐
 ┣ 貝柱のがんも
 ┣ 豆腐入り鉢蒸し
 ┣ 豆腐のゴマ揚げ
 ┣ 鶏肉のチーズ焼き
 ┣ しいたけと豆腐のさっぱりスープ
 ┣ 豆腐のディップ
 ┣ 豆腐入りしゅうまい
 ┣ 鶏ささみ肉の揚げ漬け
 ┣ 甘納豆のかぼちゃ寒天
 ┣ いんげん豆のカレー
 ┣ ミルク雑炊
 ┣ なます
 ┣ 豆のポタージュスープ
 ┣ 鶏ささみ肉のふわふわ卵
 ┣ グリーンピース入りカレーピラフ
 ┣ れんこんの削りカツオ煮
 ┗ 鶏肉のかぶら蒸し

生活習慣病の食事療法
 ┃
 ┣ 腎臓病と低たんぱく食
 ┣ メタボリック症候群と食事バランスガイド
 ┣ 糖尿病の食事療法
 ┣ 糖尿病の食事療法(外食)
 ┣ 腎臓病の食事療法
 ┣ 腎不全の食事の工夫
 ┣ 動脈硬化の食事療法
 ┣ 動脈硬化の食事療法(2)
 ┣ 動脈硬化を食生活で予防
 ┣ 動脈硬化とチョコレート予防
 ┣ 動脈硬化と外食の塩分
 ┣ 高脂血症の食事療法(調理法)
 ┗ がん治療と健康食品






posted by 情報ボックス 記録の細道 at 11:17 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳ダイエット

2009年6/30まで、ナントお値段【半額】美白・潤いスーパーMAX!!  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

豆乳ダイエットとは

豆乳ダイエットとは、食事の前に豆乳を飲むだけの簡単なダイエットです。
豆乳は大豆とほぼ同じ成分を含み、低カロリーなのに様々な栄養素を含んでいます。
豆腐などの固形よりも豆乳の方がより良く栄養分を吸収してくれます。

高タンパクでコレステロールの低い豆乳はダイエットに最適な働きをしてくれます。
植物性のたんぱく質には脂肪を燃焼する働きがあります。
また、腸内の余分な脂肪や糖質を吸収させない働きがあり、また善玉コレステロールを増やす働きがあります。
これは便秘防止によいとされ、体内に過剰な栄養が摂取されるのを防いでくれます。

さらに大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、女性ホルモンのバランスを整えてくれ、肥満防止にもつながります。
豆乳には基礎代謝を高める働きがあります。
その基礎代謝が上がれば、太りにくくなり、たくさん食べても脂肪がつきにくくなります。

今の体重を減らす事ももちろんできますが、今以上に体重を増やすのを防いでくれます。
簡単に体重は落ちませんが、長く続けることが大切です。豆乳を摂取するとやせやすい状態を作れるのです。
そして豆乳ダイエットをするだけで、体の中から改善してくれます。

ちなみに豆乳を摂取するのは食前30分がいいといわれています。
空腹感を押さえ、食事の量も減ります。
豆乳ダイエットは無理な制限をする事なくダイエットができ、自然の健康食品であるため体に優しいダイエットとして人気があります。



豆乳ダイエット≫続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 07:27 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸で素肌美人

女性化粧品のCMや、最近では男性用の化粧品でもヒアルロン酸という栄養成分の名前をよく耳にしますね。
では、ヒアルロン酸とはどんな成分なのでしょうか?
「ヒアルロン酸」は、ムコ多糖類という細胞同士をつなげて、体の機能をスムーズにするための成分です。
また、ムコ多糖類は、タンパク質と結合することで、細胞の隙間を埋める働きもします。
つまり、ヒアルロン酸は肌の保湿や柔軟性を保持する役割をしているのです。

ヒアルロン酸は、人の皮膚の50%に存在しており、水分を蓄えておく力が強いです。
ムコ多糖類が減ると、体のあちこちに痛みを感じたり、肌にハリがなくなったりといった、老化現象が進んでしまいます。

もし、肌に潤いがなくなった気がする、肌が乾燥したり荒れたりしている、膝などの関節が痛む、目が乾燥する、といったことが気になるのなら、ヒアルロン酸が不足している可能性があります。
ヒアルロン酸が不足すると、肌は水分不足となり、乾燥してしまいがちです。
また、関節や目にトラブルを引き起こすこともあります。
さらにこれらは、体を老化させる原因となります。

健康食品として、ヒアルロン酸が注目を浴びるようになったのは、食用ヒアルロン酸を投与した女性のほとんどが、手足や顔の肌荒れが改善した、ハリや潤いが現れた、という実験結果からです。
機械による保湿試験においても、水分を保持する機能の上昇が確認でき、生理痛の緩和、肩こりや腰痛、関節痛などの改善もみられました。
また、糖尿病にもヒアルロン酸は有効であることもわかっています。

補給されたヒアロルン酸は、そのまま細胞組織にならずに、消化吸収され体内の代謝によって再び合成されます。
そのため、よりヒアロルン酸を吸収しやすくするには、サプリメントによって摂取するのがおすすめです。
ヒアルロン酸のサプリメントは、低分子加工されているので、効果的に吸収できます。
少量のサプリメントを、毎日続けて摂取することが大切です。








ヒアルロン酸(ヒアルロン酸で素肌美人)
 ┃
 ┣ ヒアルロン酸とは
 ┣ ヒアルロン酸の健康食品は安全?
    ┗ 「食べるヒアルロンさん綺麗」で美しい肌を
 ┣ ヒアルロン酸の働き
 ┣ ヒアルロン酸効果
 ┣ ヒアルロン酸と加齢
 ┣ ヒアルロン酸化粧品の真実
 ┣ ヒアルロン酸とコラーゲン
 ┣ ヒアルロン酸とコラーゲンの違い
   ┗ 「ヒアルロン酸コラーゲン」人気の秘密
 ┣ 関節痛にヒアルロン酸
   ┗ 腰痛にはヒアルロン酸と筋トレ
 ┣ ヒアルロン酸と関節
 ┣ ヒアルロン酸の種類
 ┣ ヒアルロン酸注射・注入の流れ
   ┣ ヒアルロン酸注射のメリットとデメリット
   ┣ ヒアルロン酸注射で若返り
   ┣ ヒアルロン酸注射で美容整形
   ┣ ヒアルロン酸注射とサプリメント
   ┣ ヒアルロン酸注射で豊胸
   ┣ ヒアルロン酸注入のリスク
 ┣ 天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸
 ┣ 飲むヒアルロン酸とは?
   ┣ 飲むヒアルロン酸の効果的な摂取方法
   ┣ わかさ生活「ヒアルロン酸」で潤いを
   ┣ エバーライフの「皇潤」
   ┗ スーパーヒアルロン酸配合「極潤シリーズ」
 ┣ 髪の潤いには「ヒアロモイストエッセンス
 ┣ ヒアルロン酸の目薬
   ┗ 「ロート養潤水」で瞳に潤いを



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 13:23 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しいシャンプー方法



抜け毛予防は頭皮環境を整えることから!ヘアメディカル・スカルプD  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

正しいシャンプー方法
情報ボックス記録の細道

抜け毛予防のために大切なヘアケア方法の1つが「シャンプー」です。
シャンプーをすると髪の毛がたくさん抜けてしまうから嫌だ・・・と思ってしまう人もいるかと思いますが、抜け毛を怖がってシャンプーをせずにいると頭皮に汚れがたまって逆に抜け毛を増やしてしまうことになります。
シャンプーをする時に抜ける毛は、シャンプーをしなくてもいずれ抜けてしまう寿命がきた毛なので気にすることなく、定期的に頭皮を清潔にすることを心がけましょう。
ですが、間違った方法でのシャンプーは抜け毛の原因になってしまう場合があります。正しい方法でシャンプーしてくださいね。
まず、シャンプーを行う前にブラッシングしてホコリやゴミを落としやすくしておきます。
すぐにシャンプー剤を使うのではなく、最初はお湯だけで髪を流します。これだけでも十分にホコリや汚れを落とすことができますよ。
お湯の温度は40度前後です。冷たい水を使うと皮脂汚れが落ちにくいので避けてくださいね。
お湯である程度汚れが取れたらシャンプー剤を使って洗っていくのですが、2度洗いするとより効果的に汚れを落とすことができますよ。
シャンプー剤は頭皮に直接付けず、必ず手の平で泡立ててから使うようにしましょう。
シャンプー剤の量は髪の長さや量によってそれぞれ異なりますが、10ml?20ml程度が適量です。最初のシャンプーではシャンプー剤を多めに使って頭皮を軽くマッサージするように洗います。決して爪をたてずに、指の腹を使って優しく行いましょう。
すすぎは軽くすればOKです。

2回目のシャンプーは、シャンプー剤は少なめにし、ゆっくり丁寧に洗います。
今度のすすぎは十分すぎるほど、しっかりと行ってくださいね。
シャンプーが頭皮に残ってしまうと抜け毛の原因になってしまいます。
すすぎ残しがないよう、しっかりと落としておきましょう。

ヘアケア 1日の抜け毛量はどのくらい?
 ┃
 ┣ シャンプーをすると抜け毛が増える?
 ┣ 正しいシャンプー方法
 ┣ ブラッシングで抜け毛予防
 ┣ 髪に良い「乾かし方」
 ┣ リンスは抜け毛に悪影響?
 ┣ 髪も紫外線対策をしよう
 ┣ 頭皮に良い「マッサージ」
 ┣ 抜け毛予防に効く「ツボ」(1)
    ┣ 抜け毛予防に効く「ツボ」(2)
    ┗ 抜け毛予防に効く「ツボ」(3)
 ┣ 髪に関する専門用語
 ┣ 髪に大切な「睡眠」
 ┣ ストレスと髪の関係
 ┣ 髪に良い栄養成分
 ┣ 髪に良い食べ物とは?
 ┣ 育毛剤の種類
    ┣ 育毛剤を効果的に使う方法
    ┣ 育毛剤に含まれている成分(1)
    ┣ 育毛剤に含まれている成分(2)
    ┗ 髪に悪影響を及ぼす「たばこ」と「お酒」
 ┣ 女性の抜け毛
 ┣ フケとは?【フケ症の原因と対策】
 ┣ 円形脱毛症とは
 ┣ くせ毛の対策方法
 ┣ くせ毛を防ぐドライヤー方法
 ┣ 育毛シャンプーの種類
 ┣ 石鹸シャンプーとは
    ┣ 石鹸シャンプーの使い方
    ┗ 石鹸シャンプー後のリンスの仕方


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 20:53 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デトックス健康法(1)

デトックス健康法
デトックス健康法(1)【食事、毒素、岩盤欲】


デトックス健康法 デトックスとは?
デトックス健康法 デトックスの方法
デトックス健康法 デトックスの効果
デトックス健康法 食事(野菜)
デトックス健康法 食事(穀物)
デトックス健康法 毒素(有害ミネラル)
デトックス健康法 毒素(アルミニウム)
デトックス健康法 毒素(鉛)
デトックス健康法 毒素(水銀、ヒ素)
デトックス健康法 毒素(カドミウム、ニッケル)
デトックス健康法 食事(魚介、海草、寒天)
デトックス健康法 食事(食品、調味料)
デトックス健康法 サプリメント
デトックス健康法 サプリメント(アミノ酸、ウコン)
デトックス健康法 サプリメント(亜鉛)
デトックス健康法 サプリメント(αリポ酸)
デトックス健康法 サプリメント(食物繊維)
デトックス健康法 サプリメント(水、ミネラルウォーター)
デトックス健康法 マッサージ(リンパ液)
デトックス健康法 マッサージ(リンパ腺)
デトックス健康法 岩盤浴(温泉)
デトックス健康法 岩盤浴(石)
デトックス健康法 岩盤浴(遠赤外線)
デトックス健康法 岩盤浴(遠赤外線2)
デトックス健康法 ゲルマニウム温浴
デトックス健康法 キレーション
デトックス健康法 キレーション療法
デトックス健康法 断食
デトックス健康法 お茶
デトックス健康法

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 05:50 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脚痩せダイエットとセルライト


脚痩せダイエットをはじめるにあたり、まず知っておきたい言葉があります。
それは、セルライトです。
何かの商品とか鉱石のような名前ですが、実際は腹部や臀部、大腿部にブロック状に存在する不均一な皮下脂肪のことです。
ダイエットとは、体重を減らす事にあらず。
このセルライトを減らす事です。





足が太くなる原因は、まずほとんどがこのセルライトです。
とはいえ、このセルライト、医学的にはその存在をまだ認められていません。
どういう事かというと、まだ定義がはっきりしていないのです。
一部では『脂肪細胞同士が付着した脂肪の塊』『脂肪組織に老廃物が溜まったもの』『主な成分はコラーゲン』『リンパ液の塊』など、諸説入り乱れているというのが現状です。
わかっているのは、このセルライトが身体には余分なものであり、見栄えを悪くする要因だということです。

このセルライトの恐ろしいのは、一度できてしまうと自然には消えないところです。
当然、どんな方法でも消えないということはないのですが、意識してダイエットしないといつまでも残り続けます。
特に脚に関しては、セルライトは脚痩せの大きな課題となるでしょう。

脚痩せを行う上で天敵となるこのセルライト、通常の皮下脂肪の対処法では消すことができないと言われています。
マッサージ、あるいは美容整形手術といった特別な治療や、専用の食品を使った食事療法が必要なのだそうです。
脚痩せは、こういったマッサージなどを取り入れる事が多いので、自然とセルライト解消にもつながることになります。


下半身ダイエットの決定版!

現役エステティシャンの贈るわずか10日間で-6cmを実現させた

完全「下半身ダイエット」マニュアル。


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:20 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口臭予防(歯間ブラシ)




歯間ブラシ
口臭予防で一番大切なのは口腔内の清潔を保つことです。
ですが、歯ブラシだけで複雑な形をしている歯の隅々まで汚れを落としきるのはなかなか難しいですね。
そこで、最近使用する人が増えているのが歯間ブラシです。
歯間ブラシとはねじった針金にナイロンの毛をつけたもので、名前の如く歯と歯の間を掃除するグッズです。
歯と歯の間は食べかすや歯垢(しこう)が溜まりやすい上に歯ブラシではなかなか磨くのが難しい場所です。
溜まった歯垢は虫歯や口臭の原因になってしまいます。

そんな歯間の汚れを落とすのに最適なのが歯間ブラシなのです。
一見硬そうでギザギザしたブラシで歯と歯の間を磨くと傷がついてしまうのでは…?と思われる方もいると思いますが、自分に合ったもので正しく磨けばむやみに口の中を傷つけることはありません。
心配な方は歯科で相談してみると良いでしょう。
歯科でも歯間ブラシを販売しているところが多いので自分に合ったものを専門科医に選んでもらい使い方も教えてもらえば不安も解消できるでしょう。
歯間ブラシは歯間が狭い人用、広い人用、奥歯用など様々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。
そして使用の際は無理に歯間にねじ込まず、やさしく丁寧に磨いてください。
無理にすると傷つけてしまう恐れがあるので気をつけてください。
歯間ブラシも歯ブラシ同様ブラシ部分が傷んだりワイヤーが曲がってしまったら交換しましょう。
いつでも口腔内を清潔に保ち、爽やかな息でいたいものですね!

もう、ニオイに悩まない!良香生活



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 11:17 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新着サイト【健康】育毛シャンプーあれこれ

サイト名:育毛シャンプーあれこれ

最近、サッカーをやっている13歳の息子に後ろから突然、

「おっお父さん!頭の髪が薄くなってきているよ!」

と言われ・・・ショック!!

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 06:59 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新着サイト【足やセダイエット】(11月5日)

サイト名:足やセダイエットhttp://asiyasewosimasyo.seesaa.net/

テニス脚痩せの意義テニス


ダイエットは女性にとって、もはやどんな友人よりも身近な存在。
ダイエットしないことが罪であるかのように雑誌やテレビでは言われていますよね。
そして、そのダイエットの多くは、→続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 13:11 | Comment(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。