メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

七五三

七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健やかな成長をお祝いし、これからの成長を願い神社に参拝する行事です。
3歳と7歳の女の子、5歳の男の子をお祝いする地域もあります。
また、最近は数え年、満年齢にこだわらずお祝いすることが多くなりました。
七五三は11月15日にお祝いをしていましたが、最近は15日にこだわらず、11月15日前後の土日を中心に多く七五三のお祝いが行われています。
七五三≫続きはこちら





七五三とお宮参り
 ┃
 ┣ 七五三とは
 ┣ 衣装
 ┣ 千歳飴
 ┣ 11月15日である由来
 ┣ お祝いとお返し
 ┣ 神社へのお参り
 ┣ 着物レンタル
 ┣ 写真撮影
 ┣ 東京ディズニーリゾートで祝う
 ┣ お宮参りの祝い着の仕立て直し
 ┣ お参りの作法
 ┣ 地方独自の七五三の祝い方
 ┣ 子どもに関する行事
 ┣ 着物の紋
 ┣ 子ども用の着物の裁ち方
 ┣ 男の子の着物の織り方と模様
 ┣ 着物の紋入れの種類
 ┣ 十三参り
 ┣ 友禅染
 ┣ 着物の刺繍の種類
 ┣ 少子化の七五三への影響
 ┣ こども写真館・デジタルフォトフレーム
 ┣ 母親の着物
 ┣ 着物の模様付けによる格
 ┣ 帯の種類
 ┣ 着物を着る順序
 ┣ かんざしの種類
 ┣ 和装小物
 ┗ 教会やお寺での七五三



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 12:54 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテリア風水を使って金運をアップ






インテリア風水を使って金運をアップ

誰でもお金はあった方がいいと思いますよね。しかし、なかなか思うようにお金が貯まらないし、なんだかだんだん減っているような気がする。そう思う人も多いのではないでしょうか。
そこで金運アップの方法があればいいなと思ったことはないでしょうか?ここではインテリア風水を使った金運アップの方法をご紹介してみたいと思いますので参考にしてください。
では具体的にどんなインテリア風水をして金運アップに繋げたらいいのでしょうか?下記にいくつか具体例を挙げてみたいと思います。
まずはお財布を見直してみましょう。二つ折りタイプの財布を使ったりしていませんか?金運アップをさせるためには長財布を使った方がいいと言われています。それはお札が曲がらないようにするためという意味も含まれています。もうそろそろ財布の買い換え時期だなと思っている方、今度は長財布を購入してみてはいかがでしょうか。
次に貯金箱を考えてみましょう。金運を上げる元になる行為として貯金箱にお金を貯めていくと言ったことが挙げられます。できれば毎日少しでもいいので貯金箱にお金を入れることが大事だそうで、これはお金がさみしがり屋だからお金があるところに集まりやすいという考えからきているようです。毎日の積み重ねが大事ですがぜひ毎日貯金箱にお金を入れてみましょう。
次に貯金通帳の保管場所ですが、風水的に「財方」「東北」の位置に置くのがいいようです。この方角は自分からみての位置になりますので注意しておきましょう。
また色に関することですが、黒という色には「貯める」という意味があるようです。お金を黒い色に包むようにするのも効果的なようです。


金運アップ「金運アップを目指そう」 
 ┃
 ┣ 風水(インテリア)で金運アップ
 ┣ 金運アップを目指そう
 ┣ お財布
 ┣ パワーストーン(1)
   ┗ パワーストーン(2)
 ┣ 風水(1)
   ┣ インテリア【西】編
   ┣ インテリア【西】の玄関編
   ┣ インテリア【西】の水周り編
   ┣ インテリア【西】のリビング編
   ┣ インテリア【北西】の玄関編
   ┣ インテリア【北西】の水周り編
   ┣ インテリア【北西】のリビング・寝室編
   ┣ インテリア【北西】のリビング・寝室編    
   ┣ インテリア【北】の玄関編
   ┣ インテリア【北】の水周り編
   ┣ インテリア【北】のリビング・寝室編
   ┣ インテリア【東北】の玄関編
   ┗ インテリア【東北】のリビング・寝室編
 ┣ 風水(2)
 ┣ 小物を使おう
 ┣ 光るものでパワーをもらおう
 ┣ 食べ物について
 ┣ 金運アップさせるための方法(1)
 ┣ 金運アップさせるための方法(2)
 ┣ 金運アップへ繋がる護符
 ┣ 役立つこと
 ┣ 日常生活
 ┗ 金運アップさせるための方法(3)



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 17:01 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七五三

七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健やかな成長をお祝いし、これからの成長を願い神社に参拝する行事です。
3歳と7歳の女の子、5歳の男の子をお祝いする地域もあります。
また、最近は数え年、満年齢にこだわらずお祝いすることが多くなりました。
七五三は11月15日にお祝いをしていましたが、最近は15日にこだわらず、11月15日前後の土日を中心に多く七五三のお祝いが行われています。
七五三とは≫続きはこちら

七五三とお宮参り
 ┃
 ┣ 七五三とは
 ┣ 衣装
 ┣ 千歳飴
 ┣ 11月15日である由来
 ┣ お祝いとお返し
 ┣ 神社へのお参り
 ┣ 着物レンタル
 ┣ 写真撮影
 ┣ 東京ディズニーリゾートで祝う
 ┣ お宮参りの祝い着の仕立て直し
 ┣ お参りの作法
 ┣ 地方独自の七五三の祝い方
 ┣ 子どもに関する行事
 ┣ 着物の紋
 ┣ 子ども用の着物の裁ち方
 ┣ 男の子の着物の織り方と模様
 ┣ 着物の紋入れの種類
 ┣ 十三参り
 ┣ 友禅染
 ┣ 着物の刺繍の種類
 ┣ 少子化の七五三への影響
 ┣ こども写真館・デジタルフォトフレーム
 ┣ 母親の着物
 ┣ 着物の模様付けによる格
 ┣ 帯の種類
 ┣ 着物を着る順序
 ┣ かんざしの種類
 ┣ 和装小物
 ┗ 教会やお寺での七五三
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 14:24 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピ

お食い初めとは

子供が生まれたばかりの家庭は、様々なお祝いをする事になります。
まずは出産祝いから始まり、出産の内祝い命名の儀、お七夜、お宮参り、初節句など、嬉しい忙しさに目が回るのではないでしょうか。

そうしたお祝い事の一つに、「お食い初め」というものがあります。
このお食い初めとは、生後100日ほどが経過した時点で、子供が一生食べるものに困る事が無いようにと、赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式の事を指します。
もっとも、お食い初めは実際に食べさせるのではなく、食べさせる真似をするだけです。
ですので、用意する料理は離乳食ではなく、儀式用の料理、お食い初めレシピとなります。
現在、日本ではこういったお祝い事を軽視する傾向になってきています。若い人たちは、こういったお食い初めの風習がある事を知らないというケースも増えているようです。
親御さんが全てそれを指揮するのが一般的となっています。

ただ、最近はインターネットの普及により、どういったお祝い事がある、どのようなお食い初めレシピがあるというのは調べればすぐにわかるようにもなっています。
よって、お食い初めやお食い初めレシピの事を全く知らなかったけれども、子供が生まれる少し前に知った、というご両親も増えているのではないでしょうか。
ただ、お食い初めに限った事ではないでしょうが、お祝い事というのはその土地その土地で変わってきます。
ですので、一概にインターネットで収集した情報がその土地にあっているかというと、そうとも限りません。
ですので、初孫を可愛がっている自分の親に聞いてみるのが一番確実でしょう。
いずれにしろ子供にとっては一生に一度のことです。出来る限りのお食い初めのお祝いを家族でしてあげましょう。



お食い初めレシピ≫続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 19:23 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国の陶器・焼き物

京都の器や 夕庵(清水焼・京焼)

日展の作家の器や、若手作家ものなど1000点以上紹介中 全国発送
  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

全国の陶器にはいろいろなものがありますが、有名なものであれば、誰でもその名前を聞いたことがあるでしょう。
それぞれの特徴は知らなくても、これらの焼き物が何で出来ているのかは大体予想がつくと思います。
そうです、焼き物は土を原料として作られています。

有田焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) ぶどう絵 ID-09-03

焼き物の原料となる土には、粘土と陶石があり、粘土は陶器を作るために使われ、陶石は磁器を作るための原料となります。

全国の陶器(焼き物)≪全国版≫
 ┃
 ┣ 陶器 焼き物の種類
 ┣ 焼き物の原料
 ┣ 器選び
 ┣ 焼き物の部分の名称
 ┣ 小久慈焼
 ┣ 平清水焼
 ┣ 益子焼
 ┣ 笠間焼
 ┣ 月夜野焼
 ┣ 釉薬について
 ┣ 無名異焼
 ┣ 美濃焼
 ┣ 美濃焼(志野)
 ┣ 織部とは
 ┣ 黄瀬戸と瀬戸黒
 ┣ 渋草焼
 ┣ 瀬戸焼
 ┣ 瀬戸焼と赤津焼
 ┣ 常滑焼
 ┣ 伊賀焼
 ┣ 古九谷の謎
 ┣ 九谷焼
 ┣ 越前焼
 ┣ 信楽焼
 ┣ 京焼・清水焼
 ┣ 赤膚焼
 ┣ 備前焼
 ┣ 萩焼
 ┣ 唐津焼
 ┗ 有田焼・伊万里焼



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 15:39 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七五三の衣装

伝える 楽しむ 得をする 情報ボックス 七五三
七五三の衣装
http://sithigosan.seesaa.net/article/114275677.html
clothes-03.jpg

七五三のお祝いの衣装は着物で、と考える方は多いと思います。年齢別の着物は下記の通りです。
参考にしてください。
3歳の男の子
羽二重(はぶたえ)の熨斗目(のしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)に、兵児(へこ)帯、袖無し羽織を着用します。
兵児帯とは裏布のない1枚の布状の帯のことです。
草履は、鼻緒のついた平底のものを選びましょう。
3歳の女の子
晴れ着に被布(ひふ)を羽織の代わりに着用します。
被布とは、女性の和装用コートです。
袖なしにして、女の子のお祝い着に用いられています。
草履は甲掘(こっぽり)などを履きます。

5歳の男の子
羽二重の熨斗目模様の着物と、羽織、仙台平(男子の袴地の総称)の袴を着用します。
剣や扇子も身に付けると、ぐっと男の子らしくなります。

7歳の女の子
着物は肩上げ、おはしょり、腰上げをした本格的な衣装となります。
帯は袋帯や中幅帯を用います。

小さい子どもは慣れない服装でぐずって泣き出す場合もあります。
草履も脱げてしまう場合もあるので、子どもが動きやすいよう、そしてころんで怪我をしないよう、気をつけましょう。
草履や足袋は、前もって履き慣らしておきましょう。
また、着物を前もって見せておき、七五三のお祝いを楽しみに待つのも良いでしょう。

七五三の衣装は、レンタルを利用する家庭や、洋服でお祝いする家庭も増えています。
洋服の場合、男の子ならスーツ、女の子ならワンピースなど、小学校の入学式にも着用できるものを選ぶと良いでしょう。
両親の服装は、父親はスーツが一般的です。
母親は和装の場合、留袖か訪問着が正装、洋服の場合はワンピースやスーツが一般的です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

家庭用も教材用もすべて揃う、レザークラフト専門店・クラフトマックス!
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:04 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬洋服の選び方




季節も寒くなり、道では可愛いお洋服を着た犬が散歩している姿もよく見かけるようになりました。
ここ数年で犬を飼う家庭も増加傾向にあるようです。
ペットショップに行っても室内犬の種類が昔より増えているのもそのせいでしょう。
同時に我が子のように可愛い犬にもオシャレさせてあげたいという気持ちから犬グッズもたくさん増えてきていますね。

中でも洋服は定番アイテムになりつつありますが、選び方としてはまず犬の首周り、胴回り、背丈をきちんと計ってあげて正しいサイズの洋服を着せてあげる事が大事です。
首周りの測り方としては首輪の位置より少し下。あまりきつくならないように少しゆとりがあったほうがよいでしょう。
胴回りは前足の後ろ側から。これもやはり少しのゆとりが必要。背丈は首周りからしっぽまで。
次に生地。
とにかく動き回る動物ですから、伸縮性のある生地のほうがよいでしょう。冬なんかはニット素材でも暖かいしかわいいですね。
素材については人間の洋服同様、さまざまな素材がありますが、散歩時にごみがつきにくい素材がいいでしょう。
同時に飼い主側も洗濯しやすく、丈夫な生地を選んでおくと長持ちしますね。

今はオーダーメイドの洋服屋さんもあるようです。とっておきの洋服なんかはオーダーメイドにするといいかもしれません。
あとは何より試着が大事です。表示サイズが合っていても愛犬体型は様々。試着をして愛犬の表情が着心地よさそうにしていればそれが一番です。





posted by 情報ボックス 記録の細道 at 08:40 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワーストーン・ルチルクォーツ

『ルチルクォーツ』

≫『ルチルクォーツ』の続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 19:50 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(運勢・占い)四柱推命とは?

四柱推命という言葉を聞いたことがあるでしょうか。四柱推命とは占いの一種なのですが、対象になるその人の一生、人生の流れを事前に知っておくことが出来るという占い方法なのです。

四柱推命の発祥の地は中国です。その中国で遥か昔から培われてきた運命学と言うものになるそうです。

分析する素材としては生年月日時の干支を扱い、年柱・月柱・日柱・時柱という4つの柱を使って分析していくことを
由来として「四柱推命」と言うように呼ばれているようです。

さらに干支に関してですが、日本でよく知られている十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)だけでなく十干と言う
「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」もプラスしたものから成り立っているもので、考え方としては陰陽五行説を使ってその人の
人生の流れを見ていくというようなものです。

ここで新たな言葉が出てきました。「陰陽五行説」と言う言葉です。陰陽五行説の考え方としてはすべての物事の
基本というのは宇宙(地球を含む)が木・火・土・金・水の五行で構成されているという考えだということのようです。


しかし、いくら言っても所詮占いだからという人がいるかもしれませんが、四柱推命は東洋占術の中でも的中率は群を抜いて当たるとされています。

またこの占術の目的としては来期に何が起こりうるのかを事前に知っておくことで、悪い時期にはそれをすることを避け、
良い時期には運気に乗るという道しるべになるということなのです。

ですからぜひ四柱推命をやってみて人生の流れを見てみてはいかがでしょうか。


記事関連リンク⇒四柱推命






posted by 情報ボックス 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の瀬の大掃除

次項有年の瀬になってくると、家の中が騒がしくなりますよね。
年末にするべきことはたくさんありますが、その中でも特に家族全員がしっかり行うこと。それは、大掃除ではないでしょうか。
一年間で汚し尽くした自分の部屋や居間、台所、トイレ、お風呂、廊下、縁側、庭、果ては天井裏まで、いたるところを掃除しつくす、大掃除。
これを年末にしっかり行うことで、気持ちのいい年度末、そして新年を迎えることができるのです。
2008年もあと残りわずかというところまで来ています。
大掃除のことを考える時期といえるのではないでしょうか。

ところで、この大掃除とは具体的にどういった定義が設けられているかご存知でしょうか?
一般的な概念としては、12月28日前後の年末に、通常行う掃除よりも遥かに大掛かりな掃除を行うことを、大掃除と呼んでいます。
この大掃除には、単純に住民が気持ちよく新年を過ごせるようにするというだけでなく、歳神を迎えるための準備という意味合いもあるそうです。
一種の儀式のようなものといえるかもしれません。
また、学校で夏休み、冬休み、春休みに入る前に行う掃除もこういった呼ばれ方をすることがあります。
当分学校が休みになるため、通常よりも大掛かりな掃除を行いますが、これも大掃除と呼ばれることがありますね。

大掃除というのは、簡単に言えば年末や休み前に行う大掛かりな掃除ということになります。
これを行うことで、とてもすっきりした気分、次のステージに立てるのです。
yousitu.jpg

関連リンク⇒大掃除


世界中から集めた天然席石を低価格でご提供します!

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 14:10 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生後100日のお祝い。お食い初めとは?

わーい(嬉しい顔)子供が生まれたばかりの家庭は、様々なお祝いをする事になります。
まずは出産祝いから始まり、出産の内祝いや命名の儀、お七夜、お宮参り、初節句など、嬉しい忙しさに目が回るのではないでしょうか。

そうしたお祝い事の一つに、「お食い初め」というものがあります。
このお食い初めとは、生後100日ほどが経過した時点で、子供が一生食べるものに困る事が無いようにと、赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式の事を指します。
もっとも、実際に食べさせるのではなく、食べさせる真似をするだけです。
ですので、用意する料理は離乳食ではなく、儀式用の料理、お食い初めレシピとなります。

現在、日本ではこういったお祝い事を軽視する傾向になってきています。
若い人たちは、こういった風習がある事を知らないというケースも増えているようです。
親御さんが全てそれを指揮するのが一般的となっています。

ただ、最近はインターネットの普及により、どういったお祝い事がある、どのようなお食い初めレシピがあるというのは調べればすぐにわかるようにもなっています。
よって、お食い初めやお食い初めレシピの事を全く知らなかったけれども、子供が生まれる少し前に知った、というご両親も増えているのではないでしょうか。

ただ、お食い初めに限った事ではないでしょうが、お祝い事というのはその土地その土地で変わってきます。
ですので、一概にインターネットで収集した情報がその土地にあっているかというと、そうとも限りません。
ですので、初孫を可愛がっている自分の親に聞いてみるのが一番確実でしょう。

関連リンク⇒お食い初めレシピ

出産祝いのお返し専門店

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 14:43 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。