メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

「7つの習慣」フランクリンプランナーの秘密


7つの習慣―成功には原則があった!

7つの習慣―成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R. コヴィー
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本




momobgyoko.JPG

フランクリン・プランナーの秘密
 │
 ├ フランクリン・プランナーの世代とは
 ├ 新世代マネジメントツール
 ├ 毎日を大切に過ごすために
 ├ フランクリン・プランナーと出会う
 ├ 使用方法
 ├ フランクリンプランナーの長所
 ├ タスク管理
 ├ 予定通り
 ├ オンライン・フランクリン・プランナー
 ├ 第4世代の手帳「フランクリン・プランナー」
 ├ 利用する前に!
 ├ 人生を変える
 ├ 使い始める
 ├ 活用の仕方(1)
     └ 活用の仕方(2)
 ├ 人気の訳
 ├ 使い方(1)
     └ 使い方(2)
 ├ デジタルプランナーの長所
 ├ フランクリン・プランナーの詳細
 ├ 第4世代ツールの特徴
 ├ フランクリン・プランナーはお勧め
 ├ 毎日の使い方
 ├ バインダー選び
 ├ 使い続けるために
 ├ アイデア
 ├ タブをうまく活用しよう
 ├ さまざまなアイデア
 └ 使うためのアイデア




フランクリン・プランナー

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:15 | Comment(0) | ビジネス・専門分野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20世紀の今日 1972年1月24日

20世紀のきょう 1972年1月24日

終戦から四半世紀が過ぎた昭和47年、グアム島のタロフォフォ川付近でぼろを着た元日本兵が住民に発見された。名古屋市出身の横井庄一 さん(当時56)だった。横井さんはグアムのジャングルで28年間、木の実を食べ、マンゴーの葉で衣服を作って生き抜いてきた。翌月帰国を果たし「恥ずかしながら帰ってまいりました」との言葉を残した。平成9年9月22日、82歳で死去した。



【記念日】
・ゴールドラッシュの日
・郵便制度施行記念日
・法律扶助の日


【誕生日】前田日明(まえだあきら、元プロレスラー)
・昭和34年(1959)大阪生まれ。
・少年時代から少林寺拳法、空手を習う。
・昭和52年、佐山聡にスカウトされ新日本プロレスに入団。
・その後、イギリスに渡りヨーロッパヘビー級王座を獲得。
・昭和59年、第1次UWFを旗揚げに参加。
・キックなどを取り入れた格闘技スタイルを確立する。
・佐山聡と対立し解散するが、昭和63年新生UWFを旗揚げに参加。
・平成3年、リングスを結成するが、平成11年に引退。
・HRO'Sスーパーバイザーを経て、昨年はTHE OUTSIDERを開催するなど格闘技の大型興行システムを確立した。



人気雑誌nadesico公式通販
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 05:33 | Comment(0) | ビジネス・専門分野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の時間は黄金が充満している

タイム・イズ・マネー『時は金なり』

よく言われる言葉ですが、ビジネスマンが大切にする金言に「タイム・イズ・マネー」すなわち「時は金なり」という言葉をよく言います。皆さんもこの言葉を座右に名にされている人も多いと思います。
実は、この言葉がいつの時代に生まれたのかはよく分かっていないそうです。
古くは、古代ギリシャの哲学者ディオゲネスが、「時は人間が費消しうるものの中でもっとも貴重である」といっています。
いずれにしろ、時間が貴重であることは確かなことですが、特に現代人にとっては一分一秒でも惜しいときがあります。

時間がないという人が多いですが、時間は工夫次第でつくれるもの

皆さんも、出来れば余暇の時間を使って、何か自己啓発をしてみたいと常々考えている方も多いと思いますが、現実には、仕事と家庭サービスに追われて、とても自分の時間を持てないのではないでしょうか。
ところが、世の中には、はるかに多忙なのに、しっかりと時間を作ってしまう人がいます。
いろいろ資格を60近くももつ、イカリ消毒グループの黒澤真次専務は、多忙な仕事をこなしながら、英会話や書道や、果ては飛行機の操縦まで、次々とものにしているのです。
どうしてそんな時間がつくれるのか。

一日を四分割して早朝時間帯を自己啓発に当てる

その秘密は、黒澤専務の考えた「一日四分割法」にあったのです。つまり、一日を朝、昼、夜の三分割ではなく、朝の前に「早朝」を設け、四分割にするわけです。そして、この早朝の一、二時間を自己啓発の時間に当てるのです。
まさに、「朝飯前」のことですが、いざやるとなると、大変な努力が必要だと思います。
しかし、本当に何かをやろうと思うなら、このくらいのことはしなければいけないと、最近は、私も思うようになりました。
ドイツのことわざに

「朝の時間には、黄金が充満している」

という言葉がありますが、そのとおりだと思います。
早朝の時間を大切に使ってみるのはいかがでしょうか。


関連リンク⇒元気が出る話100選



‘奇跡のコンピレーションアルバム’100 LOVE SONGS(100のラブ・ソング)

posted by 情報ボックス 記録の細道 at 05:55 | Comment(0) | ビジネス・専門分野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。