メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

餃子が食べたい

陳建民の弟子が送る絶品中華


日本の餃子

日本で餃子が本格的に食べられるようになったのは、戦後、帰還した兵隊さんが伝えたとのことです。
餃子は今や一般家庭で手軽によく食べられているのですが、この餃子はもともとは中国から伝わったもの、ということはほとんどの人が知っていることでしょう。
日本の餃子は、その多くが戦後に満州から伝わったものだと言われています。
戦争中に餃子を覚えた兵隊さんが、日本に帰って思い出しながら作ったものが広くうけて食べられるようになったというのが餃子の始まりだそうです。
餃子は手軽に作ることができ、また栄養バランスや味もよいことからラーメンと共に餃子が庶民受けしたというのも納得です。
≫記事の続きはこちら





餃子が食べたい≫続きはこちら
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 12:10 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚の栄養


丸元淑生理論らくらく実践 心と体が元気になる!野菜と魚の栄養ごはん (講談社のお料理BOOK)

丸元淑生理論らくらく実践 心と体が元気になる!野菜と魚の栄養ごはん (講談社のお料理BOOK)

  • 作者: 丸元 喜恵
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 単行本






頭がよくなる「魚の栄養」
 │
 ├ アジ類
 ├ イワシ類
 ├ カツオ類
      └ 旬がまるごと「かつお」
 ├ ウナギ
 ├ サケ、いくら、すじこ
 ├ サバ
 ├ たら
 ├ にしんとかずのこ
 ├ ひらめ
 ├ まぐろ
 ├ かまぼこ
 ├ つみれとだて巻き、はんぺん、さつま揚げ
 ├ いか
 ├ えび類
 ├ 貝類
 ├ さんま
 ├ タコ類
 ├ かれい
 ├ さざえ
 ├ きす
 ├ ます
 ├ わかざぎ
 ├ カニ類
 ├ たい
 ├ コイ
 ├ むつ
 ├ 白身魚と赤身の魚
 ├ さわら
 ├ ししゃも
 └ どじょう



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 16:27 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄料理


完熟アップルマンゴー.jp



沖縄といえば、日本で一番長寿の県です。その秘訣は、バランスの良い沖縄独特の料理です。沖縄の食事は、長生きのためだけでなく、美容にとっても非常に効果的です。沖縄料理を取り入れることで、健康と美しさを手に入れることができます。

沖縄では、肉を1日に摂取する量は、1人当たり平均約90〜100gで、これは、全国平均のおよそ1.3倍だそうです。特に、「豚肉」がたくさん食べられています。沖縄の豚肉料理の特徴は、豚の全ての部位を使用することです。肉は、骨付きのまま使い、耳、しっぽ、足、血、内臓まで、料理に使用し食べます。
沖縄料理は長寿の源≫続きはこちら

【きれいな海と郷土料理 南国リゾート沖縄に行こう】
 │
 ├ 沖縄料理は長寿の源
 ├ 沖縄の豚肉料理
 ├ 「ゴーヤーチャンプルー」の作り方
 ├ 「豆腐チャンプルー」のレシピ
 ├ 食材「くるま麩」
 ├ 定番食材「スパム」と「ポーク卵」
 ├ 3時のおやつ?「天ぷら」
 ├ 「沖縄風ぜんざい」
 ├ 「クファジューシー」
 ├ 伝統料理「ラフテー」
 ├ 沖縄料理の代表「ソーキそば」
 ├ メキシコ発沖縄仕込み「タコライス」
 ├ 落花生 「ジーマーミ豆腐」
 ├ 夏の定番「ナーベーラーンブシー」
 ├ 沖縄のお菓子「サータアンダギー」
 ├ 沖縄風お好み焼き「ヒラヤーチー」
 ├ 昆布料理「クーブイリチー」
 ├ 万能食材「スーチカー」
 ├ 定番メニュー「ソーミンチャンプルー」
 ├ 常備食「アンダンスー」
 ├ 真っ黒な「イカスミ汁」
 ├ 「魚のマース煮」
 ├ 海にぶどう?沖縄「海ぶどう」
 ├ 「沖縄ちゃんぽん」
 ├ 美容と健康効果 「ティビチ汁」
 ├ 沖縄土産「ちんすこう」
 ├ 「青パパイヤ」を使った料理
 ├ 沖縄名産 田芋の「ドゥルワカシー」
 ├ 沖縄のおやつ「ポーポー」と「チンビン」
 └ 沖縄豆腐で「豆腐よう」



 
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 10:36 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超簡単もやし料理レシピ

もやしのお浸し

小麦粉の価格高騰からパンが値上がりし、カレー粉や麺類など毎日の食事に欠かせない食材がどんどん高くなってきています。
現在の特売価格が以前の定価であるなど、スーパーに行く主婦の方の多くは買い物しながら溜め息をついていることと思います。
そんな中、値段を上げずにけな気に野菜コーナーに並んでいるもやし・・・
安くて量もあり調理も簡単となれば、この食材を有効に利用しない手はないでしょう。
ここではもやしを主役とした「超簡単もやしレシピ」もやしのお浸しを紹介していきたいと思います。
もやしのお浸し≫作り方はこちら

沖縄の人気食材を食べ尽くす

沖縄産ノニジュース

美ら海レンタルサーバー

石垣島ツアー

沖縄完熟マンゴー

沖縄発アクセサリー

全国で今話題の沖縄フコイダン

沖縄ツアー


Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

超簡単もやし料理レシピ超簡単料理レシピ
 ┃
 ┣ もやしのお浸し
 ┣ もやしの下ごしらえ
 ┣ もやしのおそば風
 ┣ もやしのピクルス
 ┣ もやしの味噌マヨネーズ和え
 ┣ もやしの簡単ナムル
 ┣ もやしとブラックペッパー
 ┣ もやしのぴり辛味噌和え
 ┣ もやしの梅マヨネーズ和え
 ┣ もやしの納豆和え
 ┣ もやしの納豆炒め
 ┣ もやしのカルボナーラ風
 ┣ お好み焼き風もやし焼き
 ┣ もやし中華飯
 ┣ もやしキムチ
 ┣ レンジで簡単調理
 ┣ もやしのかき揚げ
 ┣ もやしチャンプル
 ┣ もやしの巾着焼き
 ┣ もやしが主役の春巻き
 ┣ もやし炒め3種類
 ┣ もやしの土鍋煮
 ┣ もやし入りハンバーグ
 ┣ もやしのお稲荷
 ┣ もやしと鶏皮炒め
 ┣ もやしペペロンチーノ
 ┣ もやしでナポリタン
 ┣ もやしの汁物2種
 ┣ もやしとじゃこの巣ごもり風
 ┗ 体に家計にやさしい『もやし』



posted by 情報ボックス 記録の細道 at 13:25 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食品の安全崩壊 日本

食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食
食品の安全が崩壊した現代の日本

農村風景.jpg

ここ数年、中国産の食品に農薬などの混入があるとされている事件が多発しています。
こういった状況もあって、位置情報日本における食の安全神話は崩壊したと言われています。
日本の主要食品自給率は他の主要国と比較し、圧倒的に低いです。
つまり、海外からの輸入に頼っている状況です。
にもかかわらず、輸入品のほとんどがノーチェックで国内に入ってきています。
つまり、食品の安全を考えるには海外からの輸入品をしっかり監視、管理しなくてはならない状況であるにもかかわらず、それを全く行っていないというのが現状なのです。
食品の安全が守られていないというのは、こういったところに現れているのです。
海外からの輸入品に対して、国内ではあまりにも無頓着であるといわざるを得ません。

そして、その流れは徐々に国内生産品に対しても侵食していきます。
ここ数年で、生産地の偽装問題が急増している事は、ニュースを見ている方であればご存知ではないかと思います。
国産と偽り海外の安い食材を用いているという偽装が、様々な分野で行われているのです。
特に、牛肉や鰻などの高級品に関しては、こういった偽装が多いようです。
嘆かわしい事ですが、これが現実といわざるを得ません。

食品の安全に対し、日本はあまりにも無警戒過ぎました。
それが、現在の安全崩壊を生み出したといえます。

今後は、そういった点を見直す方向で政策がとられるようですが、あまり積極的とは言いがたい状況です。
経済自体が危機を迎えている現状においては、なかなか重点的に、とはいかないようですね。
しかし、食品の安全は、最も優先して確保すべき最大のテーマなのです。

食品の安全 帰農に帰ろう 日本の食






posted by 情報ボックス 記録の細道 at 13:10 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鍋料理 キムチ鍋

『韓国伝統のキムチ鍋』
旬の野菜がたっぷり!長野の郷土食おやき

≫キムチ鍋の記事を読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 15:35 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚の栄養 アジ類

アジ類

アジの大群090106txt


≫魚の栄養アジ類の続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 05:50 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お正月関連 お屠蘇(おとそ)とは?

年末のどことなく慌ただしい雰囲気とはガラリと様子を変えて、お正月を迎えると多くの人があらたまった時間の中で清清しい気持ちで1年のスタートをきります。
そんなお正月の非日常的な雰囲気をかもし出すアイテムのひとつに、お正月料理があります。
お正月料理と言えば、おせち料理にお屠蘇(おとそ)などがありますが、みなさんのご家庭でも元旦にはお屠蘇を飲む習慣がありますか?
b958612c299d75de0e9206564a9e5a7a.jpg


お屠蘇は元日の朝に飲む、中国から伝わった漢方の薬酒です。
これを飲むと、一年の邪気を払い、寿命を延ばすと伝えられています。
正式なお屠蘇は大黄や肉桂、防風、山椒、そして桔梗などの漢方薬を調合したものを絹の袋にいれ、みりんかお酒に浸して作るそうです。
しかし現在では、年末が近づいてくると薬局やデパートにも「屠蘇散(とそさん)」としてお屠蘇用に調合された漢方が売られますので、大晦日にそれをお酒かみりんに浸しておいて、元旦の朝に飲みます。

またお屠蘇をいただくときの肴として、縁起物の黒豆、田作り、数の子が用意されることが一般的です。
これらは祝い肴、あるいは屠蘇肴とも呼ばれ、健康や豊作、子孫繁栄などの願いを込めて作られます。
初めてお正月料理に挑戦するという人も、いきなり難しいレシピに挑戦したり何品も作ったりする必要はありませんが、これらのお目出度い三種肴はぜひとも用意してください。
数多く出版されているお正月料理のレシピ本にも、これらの黒豆、田作り、数の子のレシピは必ずと言ってよいほど掲載されています。
もちろん、無理して手作りしなくても、今はほとんどのメニューが既製品で揃ってしまいます。
お目出度いはずのお正月料理を負担に感じて作るより、お正月の支度は楽しんですることが一番でしょう。


関連リンク⇒お正月料理の品目



ミツワ酒販★人気ランキング


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスケーキ

一年に一度のクリスマスを楽しむため、料理はとても重要です。中でもクリスマスケーキを楽しみにしている人は多いでしょう。そこでクリスマス料理の一つに手作りのオリジナルケーキを加えて、家族や仲間を驚かせてはどうでしょうか。
ここではクリスマスケーキの定番、いちごと生クリームのデコレーションケーキのレシピを紹介します。

CIMG3933.JPG

18センチの丸型のスポンジケーキ一台分の場合には
・卵3個
・砂糖90グラム
・薄力粉80グラム
・バター40グラム
・バニラエッセンス
を少々準備します。

デコレーション用に
・生クリーム300グラム、
・砂糖20グラム、
・バニラエッセンス1〜2滴、
・いちご10個程度
を準備します。

まずボウルに卵と砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせ、50度くらいの湯せんにかけながら泡立てます。
途中で湯せんからはずし、持ち上げた時にクリームに角が立つくらいまで泡立てます。

ふるっておいた薄力粉、溶かしたバターを加えて混ぜ合わせ、型へ流し込みます。
170度に温めたオーブンで25分ほど焼いて出来上がりです。

スポンジは横に半分に切り、砂糖と水を煮立たせたシロップを塗ります。
砂糖と合わせて泡立てた生クリームといちごでデコレーションして完成です。
クリームにラム酒を加えると香りのよく仕上がります。

今年は小麦やバターなどのケーキの材料が値上がりしています。
同時に市販のケーキも値上がり、またはサイズが小さくなっています。レシピを参考に自宅で手作りすれば、市販のものより安く、大きなクリスマスケーキができるでしょう。

関連リンク⇒作って楽しいクリスマス料理

ほわいとぱりろーる


posted by 情報ボックス 記録の細道 at 09:58 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。