メモ更新情報
元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

七五三

七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健やかな成長をお祝いし、これからの成長を願い神社に参拝する行事です。
3歳と7歳の女の子、5歳の男の子をお祝いする地域もあります。
また、最近は数え年、満年齢にこだわらずお祝いすることが多くなりました。
七五三は11月15日にお祝いをしていましたが、最近は15日にこだわらず、11月15日前後の土日を中心に多く七五三のお祝いが行われています。
七五三とは≫続きはこちら

七五三とお宮参り
 ┃
 ┣ 七五三とは
 ┣ 衣装
 ┣ 千歳飴
 ┣ 11月15日である由来
 ┣ お祝いとお返し
 ┣ 神社へのお参り
 ┣ 着物レンタル
 ┣ 写真撮影
 ┣ 東京ディズニーリゾートで祝う
 ┣ お宮参りの祝い着の仕立て直し
 ┣ お参りの作法
 ┣ 地方独自の七五三の祝い方
 ┣ 子どもに関する行事
 ┣ 着物の紋
 ┣ 子ども用の着物の裁ち方
 ┣ 男の子の着物の織り方と模様
 ┣ 着物の紋入れの種類
 ┣ 十三参り
 ┣ 友禅染
 ┣ 着物の刺繍の種類
 ┣ 少子化の七五三への影響
 ┣ こども写真館・デジタルフォトフレーム
 ┣ 母親の着物
 ┣ 着物の模様付けによる格
 ┣ 帯の種類
 ┣ 着物を着る順序
 ┣ かんざしの種類
 ┣ 和装小物
 ┗ 教会やお寺での七五三
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 14:24 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食い初めレシピ

お食い初めとは

子供が生まれたばかりの家庭は、様々なお祝いをする事になります。
まずは出産祝いから始まり、出産の内祝い命名の儀、お七夜、お宮参り、初節句など、嬉しい忙しさに目が回るのではないでしょうか。

そうしたお祝い事の一つに、「お食い初め」というものがあります。
このお食い初めとは、生後100日ほどが経過した時点で、子供が一生食べるものに困る事が無いようにと、赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行う儀式の事を指します。
もっとも、お食い初めは実際に食べさせるのではなく、食べさせる真似をするだけです。
ですので、用意する料理は離乳食ではなく、儀式用の料理、お食い初めレシピとなります。
現在、日本ではこういったお祝い事を軽視する傾向になってきています。若い人たちは、こういったお食い初めの風習がある事を知らないというケースも増えているようです。
親御さんが全てそれを指揮するのが一般的となっています。

ただ、最近はインターネットの普及により、どういったお祝い事がある、どのようなお食い初めレシピがあるというのは調べればすぐにわかるようにもなっています。
よって、お食い初めやお食い初めレシピの事を全く知らなかったけれども、子供が生まれる少し前に知った、というご両親も増えているのではないでしょうか。
ただ、お食い初めに限った事ではないでしょうが、お祝い事というのはその土地その土地で変わってきます。
ですので、一概にインターネットで収集した情報がその土地にあっているかというと、そうとも限りません。
ですので、初孫を可愛がっている自分の親に聞いてみるのが一番確実でしょう。
いずれにしろ子供にとっては一生に一度のことです。出来る限りのお食い初めのお祝いを家族でしてあげましょう。



お食い初めレシピ≫続きを読む
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 19:23 | Comment(0) | 文化・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子が食べたい

陳建民の弟子が送る絶品中華


日本の餃子

日本で餃子が本格的に食べられるようになったのは、戦後、帰還した兵隊さんが伝えたとのことです。
餃子は今や一般家庭で手軽によく食べられているのですが、この餃子はもともとは中国から伝わったもの、ということはほとんどの人が知っていることでしょう。
日本の餃子は、その多くが戦後に満州から伝わったものだと言われています。
戦争中に餃子を覚えた兵隊さんが、日本に帰って思い出しながら作ったものが広くうけて食べられるようになったというのが餃子の始まりだそうです。
餃子は手軽に作ることができ、また栄養バランスや味もよいことからラーメンと共に餃子が庶民受けしたというのも納得です。
≫記事の続きはこちら





餃子が食べたい≫続きはこちら
posted by 情報ボックス 記録の細道 at 12:10 | Comment(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。